キャリアコーチング型転職サイトおすすめ3選

仕事が出来る人の「嫌われる勇気」活用術とは?アドラー心理学

嫌われる勇気という本は読んだことあるでしょうか?

人生が飛躍的に変わる嫌われる勇気』 という本をご紹介します!

一見タイトルだけ見ると「好き嫌い」 について書かれた本だと思うかもしれません。

もちろん 「嫌われる勇気を持ちなさい」 と書かれている内容もありますがそれは本の中のごく一部に過ぎず、もっと重要なテーマが書かれています。

では早速テーマごとに分けて紹介していきます。

目次

「幸せに生きる方法」

「あること」 に注意すれば多くの人が今よりもずっと自分らしく幸せに生きることができます。

「自分を好きになれない」「自信が持てない」「自分らしさを発揮できない」などと悩まなくても済むようになります。

オーストリア出身で精神科医のアルフレッド・アドラー(1870〜1937) は心理学に基づいて書いた書籍になります。
周囲の人との関わり方について
「楽観的でありなさい。過去を悔やむのではなく、未来を不安視するのでもなく、いま現在だけを見なさい」と言っています。

嫌われる勇気はよくある安易な『自己啓発本』ではありません。

具体的には自信が持てない若者と「人は今日からでも幸せになれる」と説く哲学者との対話形式が採られていて『誰もが小説のように気軽に読める本 』として人気です。

アドラーの提唱する『生き方』を 多くの人におすすめできます

自分らしい生き方を取り戻せば「自由・解放感・充実感・達成感・責任感・自他の尊重・貢献の精神」などを得ることができます。

『同世代の人たちと比べ、 人生における疲労感は格段に少ない 』ようです。

その結果として公私ともにより多くの成果が得られたと思っています。

アドラーが提唱する生き方とその他の生き方の違いは、表面的なものから発生している訳ではありません。

根本的な考え方の違いから発生しています。

この本の中にはその仕組みが書かれています。

ぜひ内容を参考にされ『本来の自分らしい生き方』を発見してもらえたらと思います(^^)/

人は変わる

アドラーによれば 『人は変わる』ことができます

しかも「亡くなる2~3日前まで可能」 なのだそうです。

それでは『これからの人生』を自分自身の力で変えていくためにはどうすればよいのでしょうか?!

①「これまでの人生」 に対して責任を負うことです。

②「今の自分は何故こうなったのか」

に対して2つの考え方があるそうです。

フロイトの 「原因論」 によれば『過去の○○が原因で、今の自分はこうなった』と考えます。

たとえば泳げなくなったのは過去に溺れそうになった事が原因でトラウマになった ・・・ など

しかし同じ失敗をしてもトラウマにならない人も大勢います。

一方アドラーの 「目的論」 によれば過去の出来事は関係ありません。

それは『単なる事実』に過ぎず『どんな意味づけをしたのかによる』と言っています

 同じ出来事を経験してもその事実に対して 「よい意味づけ」 をする人もいれば「悪い意味づけ」 をする人もいます。

つまり「何があったか」 ではなく「どう解釈したか」です。

さらにアドラーによると その 『意味づけ』 は【本人が何らかの目的を果たすために行ったもの】だと言っています。

例えば「学校や社会に出て、自尊心を傷つけられたくないから部屋に引きこもる」 という目的が先に存在しています。

その目的を果たすために過去の出来事に対して本人が「悪い意味づけ」を行ったのだそうです。

『今の自分に対して不満があったとしても過去や他人のせいにしない』 ことですね(*^^*)

「目的論」 に従って「自分が選んだ結果」 として認めなくてはいけません♬

これまでの自分に責任を持てば【人生に対して主体性を取り戻すことができます】

主体性を取り戻すことによって今後の人生を自分の意思で変えられるようになります♬

もし他人に、だまされ辛い目に遭ったとしても私は『自業自得』だと考えるようにしています。

つらい目にあっている最中でも 『つくづく馬鹿だな~』と自分の愚かさを笑ってやりましょう。

自分よりも『賢明な人』や『苦労した人』であればこのような失敗など犯さなくて済んだからです。

まとめ

『承認欲求』の奴隷にならずに自分らしく生きていきたいですね

自分自身を向上させたいなら『自分が原因であることをさっさと認めてしまう』と良いですよー(^^)/

ぜひ『興味をもたれた方は、読んで欲しい』と思います。

著:岸見 一郎, 著:古賀 史健
¥1,188 (2024/05/30 11:54時点 | Amazon調べ)
著:アンデシュ・ハンセン, 翻訳:久山葉子
¥970 (2024/05/30 11:54時点 | Amazon調べ)
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次